シーマンケアチャンネル

保守点検
(造影剤自動注入装置)

MAINTENANCE AND INSPECTION

よくある質問

保守点検とは?

保守点検とは、清掃、校正、消耗部品の交換等をいうもので、日常点検や定期点検が含まれます。オーバーホールは含みません。

保守点検はなぜ必要?

『保守点検』は、医療機器を使用する医療機関に義務付けられています。
医療機器の適正な使用を確保する為には、定められた間隔で保守点検が必要です。
また、適切な保守点検を実施することにより、機能劣化の予防にも繋がります。

日常点検とは?

日々の動作チェックの事を言います。機械のご使用前に使用上問題がないか動作確認や清掃を行うことです。

定期点検とは?

添付文書により、定められた期間(半年毎)に実施する詳細な動作確認や清掃を行うことです。
※添付文書及び定期点検シート参照

特定保守管理医療機器とは?

保守点検や修理、その他の管理に専門的な知識及び技能を必要とされると厚生労働大臣が指定した医療機器のことです。

使用者(病院)で行える点検内容と業者による点検(弊社)は何が違いますか?

病院で行える点検は簡易動作チェックと清掃です。業者(弊社)で行う総合点検は、より詳細かつ専門的な動作チェック・および分解・清掃です。具体的には専用の検査機器や治工具を用いて詳細に電気的/機械的調整や総合動作チェックを行うことを言います。※点検項目は医療機器メーカーにより定められています。

点検作業(業者による総合点検)のおおよその所要時間は?

インジェクターのモデルや状態により所要時間は異なります。目安としましては、Aモデル:約2時間 SR・SRFモデル:約2時間 Zモデル:約4時間となります。

スポット点検と保守点検契約はなにが違いますか?

点検作業の内容は全く同じです。スポット点検は点検作業単体でのご依頼となり、基本的に契約書を締結することはりません。保守点検契約は①オンコール無償修理対応②ソフト・ハードウェアのアップデート③点検時消耗部品・劣化部品の交換が含まれており、基本的に契約書を締結いたします。

インジェクターの保守管理計画はどのようにつくるのですか?

インジェクターの添付文書に記載されている保守の方法に準拠した内容・頻度の保守を実施するように病院で立案します。保守点検計画には、①医療機器名②製造販売業者名③型式④保守点検をする予定の時期、間隔、条件等の記載が必要です。

保守管理計画書の書式はありますか?

医療法では特に書式は指定されていません。弊社にて作成した保守管理計画書の様式をHP上にご用意していますので、よろしければダウンロードの上、ご利用ください。

保守管理計画書は病院側で計画・作成する必要があるものですか?

平成18年の医療法の規定により、病院の医療安全管理者にてインジェクターを導入されている場合は、年間保守計画を策定、実施する義務があります。

保守点検契約時の交換するパーツはいくらまで補償されますか?

天災・人為的な故障を除き上限額は設けていませんのでご安心ください。

アンギオ用インジェクターも保守点検が義務化されてますか?

造影剤自動注入装置は平成16年に厚生労働大臣により特定保守管理医療機器に指定されております。

点検を急ぎで依頼したいのですが可能でしょうか?

可能な限り対応させて頂きますが、事前にご相談いただければ幸いです。